Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Admin
  • 管理者ページ
  • CURRENT MOON
早朝のドライブ・・・
2017.02.01 Wednesday 06:00

今回2度目となる早朝ドライブw。

約1時間のドライブですが、とてもリフレッシュすることができるので、時間のある日曜日に取り入れようと♪

 

 

残念なのは、この道中にあまり車を止める箇所がないのです。たまには、車の写真も撮ってみたくなるのですが...。

 

 

峠道を流すのも本当に気持ちよく、ハンドリングも最高です♪アライメントもいいのでしょうね♪PHOENIX's POWERさんにも感謝です♪

 

 

 

 

パワーバンドをキープして走るのもいいものです♪低速走行でもw

 

| masa | WRX STI VAB | comments(0) | - |
SAMCO インテークホース・・・
2017.01.31 Tuesday 13:47

 

SAMCO インテークホースに交換しました。

 

 

ホースバンドを外して、純正のインテークホ−スを外します。簡単に外れそうに見えますが、簡単に外れませんでした。シリコンスプレーを継ぎ目にかけてやると簡単に外れるようになります。

 

 

純正を外した状態です

 

 

純正とSAMCO製

 

 

取り付けも、シリコンスプレーをかける方が入りやすいと思います。ホースバンドは、エアーボックス側が純正のホースバンドでは、外形のサイズが微妙に合わなかったので、一回り大きめのホースバンドを用意しました。

 

何か違いに気が付いたら追記します。

 

追記...

エアーフィルター交換との相乗効果を感じます。一番は、低回転時のトルクです。平坦な場所で、アクセルオンせずに発進しようとするとまた、ほんの少しだけアクセルオンしたつもりがほとんどオンできていないような状況だと、エンストしそうになるのであわててクラッチを踏み込みます。そのエンジンが落ちようとする隙間がほぼ感じれなくなりました。エアーフィルター交換時にも感じていました。

 

あとは、レスポンスの向上です。なんとなしに気持ちがいいですw。

感じたのは、デジタル表示のブーストコントローラの針の動きです。こちらの針がとても気持ちよく動いているように感じます!?デジタル表示なのでレスポンスが気になってアナログのブースト計が欲しかったのですが、意外にいけるかもと思いました。針の動きが速いのでほんの少しの意識で目につきます。

ま〜、自己満足デスネ♪

 

 

 

 

| masa | WRX STI VAB | comments(0) | - |
K&N 純正交換エアフィルター・・・
2017.01.30 Monday 17:32

 

K&N エアフィルター(33-2304)に交換しました

 

 

まずエアインテークダクトを外します

外し方は、クリップ止を2か所外してエアーインテークを上部に引き上げると簡単に外れます

 

 

 

次にエアクリーナーボックスから使用中のエアークリーナーを抜き取ります

エアフロメータのケーブルを外し、ボックス上部のクリップを外します。ボディーとボックスを止めているナット2か所を外します。

 

 

エアーフィールターが出てきました

 

 

純正エアーフィールターと今回交換するK&N エアフィルターです

 

 

K&N エアフィルターは写真のようにフィルター溝が縦向きが正解のようです

後は、外した部品を戻して完成です。私は、最初フィルターの縦横を間違ってフィルターがボックスになかなか収まりませんでした。

 

早速、峠道へドライブに行ってきました。
最初に気が付いたのは、マフラー音です。
停車時の低音のこもり音が少なくなり、エンジン2000から3000の気になっていた回転数のこもり音も少なくなりました。エンジン音も変わっているのかもしれませんが、こちらはよくわかりません。空気を吸入するときの抵抗の変化なのでしょうか。

 

もう一つ気づいたことは、発進時アクセルを踏まないでクラッチをつなげるとエンストしそうになる瞬間に気づくのですが、そのエンストしそうな瞬間につながるように感じました。

 

エンジンを回しアクセルオフした時の吸入音が聞こえます♪

 

純正に比べてメリットとデメリットがあるとは思います。デメリットはなんでしょう?デメリットも気にはなります。

 

交換時の走行距離:10910km

 

| masa | WRX STI VAB | comments(0) | - |
光芒・・・
2016.12.07 Wednesday 09:14

光芒フェチ...

 

 

 

 

なんてことない画像ですが...光芒を撮影してみましたw。広い誰もいない場所でゆっくりと遊び撮影してみたいw

 

 

車外から室内を...

 

| masa | WRX STI VAB | comments(0) | - |
エンジンルームの模様替え・・・
2016.10.03 Monday 17:35

吸気が少しでもフレッシュになればと...エンジンルームの整流になればなおいいと...思い購入しましたが...

それでもエンジンルームの見た目でしょうかね、一番はw。

 

 

荷物が届くとすぐに匂いをクンクン...

 

 

当初は、PERRIN Radiator Shroudのみ購入しようと思っていましたが、どうせ送料かかるしということでセットにしました。カラーは、悩みに悩んで黒と赤のコーディネイトにしてみました。

 

 

PERRIN Boost Control Solenoid Cover  PSP-ENG-161BK

 

 

PERRIN Pulley Cover  PSP-ENG-150RD

 

 

PERRIN Radiator Shroud  PSP-ENG-512BK

 

 

 

素材はアルミ製。塗装は、粉体塗装で表面が凸凹していて見栄えは、So~ Goodです。若干塗料のゆがみのような場所がありましたが...。

 

 

純正のエンジンルーム。エアインテークダクトへは、ボンネットに付属しているゴムパッキンで空気が流れるようになっているようです。PERRIN Radiator Shroudを付けるには、このゴムパッキンを外す必要があります。付けたままボンネットを閉じると...閉まりにくくボンネットが歪んだまま閉まってしまいます。

 

 

Radiator Shroudを挟む場所も、白いボディーの下側です。上側だとボンネットが閉まらない 

 

 

Radiator Shroudの装着後

PERRIN Radiator Shroudの少し不満:
インテークダクトにかかるゴムクッション右側あたりに段差ができてしまっています。インテークダクトの中にゴムがかかっているのが気になります。なにかで加工してもう少しスムーズな段差にしたいと...。
(個体差なのかもしれません。)

 

 

純正ブーストカバー。外すのに手間取りました。また、装着するPERRIN Boost Control Solenoid Coverと純正のカバーの後ろ部分の形状が異なります。純正のように各ホースを止めるところがありません。  

 

 

PERRIN Pulley Cover

こちらは、エンジン始動後の振動を考慮して、丸座下にエプトシーラーを挟んでみました。また、右側のボルト部は、ボルトを止める部分にゴムの丸座(純正部品)がついています。この部品は振動対策として外さずに使用しました。こちらを外さないで使用すると付属のボルトでは長さが足りません。のでステンのM6×60个鮖藩僉少し見た目は変ですが、とりあえずはこれで使用してみます。異音や不具合出ましたら再度考えます。

 

 

エンジンルームが、少し華やかになりました♪

 

インテークパイプやダクト回りも交換していきたいし、触媒も...もう少し先延ばししよう...と思う今日この頃w。その先は、ECU合わせになりますよね...。

 

| masa | WRX STI VAB | comments(2) | - |
レーダー探知機の設置・・・
2016.07.26 Tuesday 10:01

久しぶりのレーダー探知機の購入です。
当初は、指定販売店モデルのZ985CsdもしくはZ270Csdを検討していましたが、仕入先の商社さんがYupiteruの取り扱いがあるのを思い出し...結果安く上げることを優先しこちらを選択。

 


Yupiteru Super cat A710

 


OBD競▲瀬廛拭次OBD12-M

こちらは、商品購入後に、MY Yupiteruの会員登録して1,000ポイントのプレゼントをいただき、ity.クラブの年会費登録して4,860ポイントをいただいた後のポイントを使用して購入です。

 


サイドパネル、下から内装剥がしを差し込んで剥がします。あまり力を入れなくても剥がせました。

 


アンテナのケーブルをAピラーの下側の内側に這わす為にAピラーを剥がします。

Aピラーの一番上を指で引くと上部が剥がれます。剥がすと、黄色いフックがあるのがみえます。

 


このフックは黄色いフックの根元を90度回しすことでフックがフリーになる仕組みです。内装剥がしで根元を押すと比較的簡単に回ってくれます。あとは、Aピラーの下部を剥がすだけです。


OBD兇和元アクセルペダルの右上にあります。先ほど外したサイドパネル横の穴からOBD兇離院璽屮襪猟未靴泙后

 

 

OBD兇離院璽屮襪鯆未靴笋垢する為に結束バンドにくくりました。
あとは、ケーブル端子を接続して、アンテナ、レーダー探知機本体を設置して、剥がした内装を戻して完成です。

 

 

アンテナのケーブルは、ツイッター奥を伝わせて、Aピラーの下側を伝ってます。

 


レーダー本体のケーブルをAピラーの下部に入れ込んで隠しました。思っていた以上に早く作業は完了しました。これもOBD兇ら電源を取っているからですね。

 

使い方はこれからですが、メーカー出荷状態で使用しましたが、やはりあると便利ですね!もちろん安全運転が一番です♪

 

 

本体の更新は、TOSHIBA Flash Air W-03 SDカードを使って自動更新設定にしました。

とても便利です。 通信速度もいたって普通に通信できています。

ただ、最初の通信設定は、WimaxのWi-fiで設定したかったのですが、マニュアルで登録してもなぜか設定完了にはいたらずでした。ので、スマホのデザリングの設定に変更しました。本体の接続先自動検索では、スマホのプライマリSSIDは見れませんでした。ので、A710のマニュアル登録で設定しました。無事に設定が完了です。

 

Flash Air での使用方法:
A710に付属しているカードの内容をそのままPCにコピー。
Flash Airのカードには、あらかじめフォルダ、ファイルが存在しています。このファイルは、通信に必要なファイルです。データはそのままで、最上層部にPCにコピーしたファイルをコピー。これで、完成です。
本体にカードを差すと、WLANが表示されます。

| masa | WRX STI VAB | comments(0) | - |
スピーカーケーブルの継ぎ足し交換・・・
2016.06.13 Monday 11:55
VABさんのオーディオの音質に少し不満があったのでできる範囲のことをしてみようとやってみました。

今回の施工は、スピーカー本体側の標準ケーブルを少しカットして新たに約30冂のケーブルを継ぎ足しです...。



まずは、リアスピーカーからと考えていたのですが、コネクターが、スピーカ本体に固定されていたので予定を変更してフロントスピーカーから作業しました。



足される分を考慮してケーブルを切断するのですが...勇気を出して。コネクター部分は音の劣化が考えれるので、フロント側はコネクターを含め切断しました。



本当は根元から全部を変えたかったのですが、このスピーカーでは無理ですね



圧着スリーブを圧着工具を使って、止めていきます



地味な作業ですw



収縮チューブで養生



スピーカー本体側も同様の作業、収縮チューブで養生まで



継ぎ足すケーブルが、30僉0豈測ったのですが、微妙に短かかったです^^;ギリギリセーフでした


 
スピーカーを止めるのに、シンチュウビスとシンチュウ丸座を使用です
 


フロントスピーカの左右の作業を終え、リアスピーカーです。スピーカー本体にコネクターが直付けされているので、リア側は、コネクターを使用しました。フロントスピーカーのコネクターとサイズが同じだったので、フロントの二つをリアに使用しました。

 


アンプ側からのコネクターの外し方がなかなかわかりませんでしたが、構造を理解し、コネクターの端子の先端部の抜け防止の返りのプラスティックをカッターナイフで削っていきます。




次に、端子とケーブルを外して、新たなケーブルを接続します。ハンダ付けして元に戻します。オーディオ用が良かったのですが、待てませんでした。
 



リアの方の作業は、車側は圧着スリーブを使用して、スピーカー側はコネクターの再利用です




こちらもシンチュウビスとシンチュウ丸座で止めました




フロントスピーカーとリアスピーカーで一旦作業を終えるつもりでしたが、せっかくなのでトウイーターも...疲れてきて写真がありませんw

 


使われていたケーブル達です

私の個人的な感想...
オーディオの不満として、高域の煩さと尖った感じと低域の少なさでした。
欲を言えば、中域ももう少ししっかりしているといいのですが。。。予算も限られていますし、できる範囲のことをやってみようと、今回の作業をやってみました。駄目でもともと、効果あればヨシという程度でした。実際は足したケーブルの個性や圧着スリーブの影響でなんならかの変化はあるとは思っていました。

作業は、二日に分けてしました。まず一日目、仕事を終えたのちに片側左側のみを施工。帰宅途中、すぐに気付くレベルの違いです。左のスピーカーからとても勢いのある音が鳴っています。パワー、スピード感がよいです。左だけボリュームが右よりも大きく(3db〜5db)感じました。
これに気をよくして翌日にすべてのスピーカーのケーブルを継ぎ足しました。交換後は、私なりにとても満足のいく音質になりました♪これからエージングが進むのが楽しみです♪不満点だった、広域のきつい尖りはなくなり、私の耳に優しくなりました。また困っていた低域もしっかりとなっています。ドンドンという低音のある音楽でも車に響くように低音が鳴っています♪また中域ですが、少しもっさりですが以前よりよくなりました。

継ぎ足し交換してみて...わたしの好みの音に近づきまよかったです♪スピーカーが低音の少ない、高域よりのスピーカーのような傾向と思っていたのですが、ケーブルの問題だったのかもしれません。なかなかいいシステムです♪

★スピーカー: Sonic Design メーカーオプション品
★ナビ:Panasonic 純正ナビ
★継ぎ足しケーブル: 47研究所 0.65mm 単線

メーカー詳細:
 「47研0.65mm単線は独自の考えをもとにつくられたこだわりのケーブルです。”いかなるオーディオケーブルも振動を受けて音質が劣化する”このことを受け、47研0.65mm単線は空中配線をすることにより、振動をすべて分散させることを可能にしたケーブルです。」

【注意事項】
すべての作業は各自の責任において行って下さい。
この記事が原因となった事故・破損等には一切責任を負いません。
 
| masa | WRX STI VAB | comments(2) | - |
ハイビームランプをLEDタイプに・・・
2016.06.08 Wednesday 06:00

VABさんのハイビームをLEDに交換しました





IPF LED ヘッドランプ CONVERSION KIT 6500K 351HLB HB3/4



車の説明書を参考にして作業しました
エアーインテークを外しての作業とありましたが、手が入ったので外さずに交換しました
運転席側は、時計回りに回して外します



純正品と交換するIPF LEDランプです
IPFを選んだのは、本体とドライバーユニットが一体型だったからです



WRX VABは、本体のLED素子の調整が必要です
付属の六角レンチを使用して、写真の位置で



設置すると写真のようになるように...



LED素子を調整します



点灯確認



助手席側は、ウォッシャータンクを外して交換と説明にありますが、こちらも手が入るので、そのままで交換しました
こちらは、反時計回りに回して外します



LED素子を調整します



取り付けも簡単







同系色で統一感があっていいです♪



ハイビームが暗闇を照らしている写真がありません^^;そのうちですが、撮れたらUPしたいと思います。

一昨日の夜、sa-yaのバイトの迎いを命じられ、ハイビームの点灯を確認したいため即Ok(笑)。雨の中、少し遠回りして変えることに。真っ暗な田舎道、ハイビームを点灯!スッキリした綺麗な光が前方を照らします♪気になっていた雨の中の濡れた景色もしっかりと照らされていました。もっと真っ暗な山道をライトの明かりだけで走りたい(笑)。

追加写真...

 

 

ロービーム

 

 

ハイビーム

とてもよく見えます♪ライトフェチなので暗闇をドライブしたくなりますw。

 

| masa | WRX STI VAB | comments(2) | - |
車のドアのデッドニング・・・
2016.06.07 Tuesday 15:25
VABさんのドア4枚分のデッドニングです。

注文したデッドニングの材料が届いたので、やらないと...ということで...。

4枚ドアがあるので、できる日に1日に1枚作業していきました。まずは、後部ドアから...



ドアの内張りを外します。まず2か所のビス止めを外します。
ビスはキャップで隠れています。このキャップを小さめのマイナスドライバー等で起こします。ドライバーを使用する場合は、傷防止のため先端部を養生する方が無難です。



こちらのビスも外します。
内張りの縁を手でなぞると手がかかる場所があります。その場所の内張りから外します。クリップを引き抜くイメージで。1か所外れるとそこに手を入れながら順にクリップを外していきます。



クリップが外れても本体とは、ケーブルが接続されています。
コネクター接合部を外して、ドアハンドルケーブルが止まっているビス2本を外すとドアと内張りが外れます。私は、一人で足で内張りを支えながらやりましたが、二人だと作業がやりやすいと思います。



後部座席のドア内張りを外した状態。防水シートを外すかどうかで思案しましたが、このまま施工することにしました。



スピーカーにもエプトシーラーを張り、底部にはカーボンシートをエプトシーラーでサンドイッチしています



スピーカーホールの周辺にレアルシルトとレジェトレックスを張りました



ドアの内張り側にも、エプトシーラーとSTP Gold Aero制振シートを施工
内張りのプラスティックの薄さがエプトシーラを張ることですこし質感が改善されました



内張りのクリップです



防水シートの上から、STP Gold Aero制振シートを張りました



ケーブルに振動対策としてエプトシーラー



フロントドアも同様に内張りを外して作業します。後部ドアよりもケーブルが多いです。後部ドア同様に防振材を張り付けていきます。



スピーカーのビスをシンチュウに交換。車に必要以上の音響を求めていないのでデッドニングはとても大雑把な施工です(笑)。
それでももう少し音質の改善を求めて次回スピーカーケーブルを根元の数十cmを交換しようと考えています。

デッドニング後の感想です。
まずマフラー音に対する効果ですが、少しありました。
以前は、時速95劼△燭蠅らうるさく感じましたが、施工後は100劼泙任覆鵑箸...うるさいけどなんとかと言ったところです。

これで、高速道路でも少しよくなりました。

音楽に関しては、ケーブルにもエプトシーラを巻いて音がもっさりするようにしたのが効いています。効きすぎかもしれませんw。
思惑通りに広域のきつい感じが随分減りました。けど、スピード感が少しなくなっています。。。うるさいよりはいいんですけどね。さて、ケーブルを継ぎ足したらどうなるのでしょうか...。



ハイビームをLEDに...
 
| masa | WRX STI VAB | comments(0) | - |
デッドニングぁ銑ΑΑΑ
2016.05.23 Monday 18:08
vabさんのデッドニングの続きです...



Cピラーを外します



SRS AIRBAGの下に工具を入れる場所があります



この穴に手を添えてCピラーを外します



左右外します



Cピラーの止まっているクリップです



クリップがボディに引っ付いたまま取れるところもあるので、ボディからクリップを外しこのプラスチックに取り付けておきます



リアシェルフを外す前に...



トランク内のハイマウントブレーキランプの電源コードを外しておきます



こちらもリアシェルフの下に手を入れながらエイッと外します。こういった作業は、初めてなのでクリップを壊さないかとヒヤヒヤしながらの作業でした。また外したはいいが取り付けるのも一苦労です。じつは、一度目は、リアシェルフとボディーの間にエプトシーラを挟んだのみで作業を終えています。この作業だけでも不快な共振音は少し改善されましたが、よりもっと...となりまして、2度目の作業が↓です(汗)。



レジェトレックスをペタペタと...



エプトシーラもリアシェルフに張り付けました。エプトシーラーを張るとリアシェルフとボディーの隙間の余裕がなくなるところが出てきます。なので、クリップを取り付けるのが大変なのでした。。。



こちらの作業も2度目です(汗)。後輪をカーステップで上げると体が入りますw。



マフラーの下に入るのでフロントタイヤ左右には止めをしました



遮熱板にビートソニックのノイズレデューサー スプレータイプ防音材を施工しました



一枚の遮熱板は、ボルト4か所で止まっています(10丱好僖福



さすがに2度目なので作業がスムーズですw



左右の遮熱板に...



4度塗りました





そして、仕上げにカーボンウールを挟んで...



取り付けて完成

結果としまして...
週末高速を使用して出かけてきました。
私のインプレとしまして、常用域(街乗り)での使用では、私の気になる不快な共振周波数は、嬉しいことにほとんど気にならなくなってきました。

当初は、低速の回転数1500回転付近と2700回転から3000回転に不満がありました。その1500回転では不満はほとんど解消されたのですが、2700回転あたりは今回の施工でもまだ不満が残りました。1500回転と2700回転での共振は同じ特性かと思っていたので、片方が解消されるともう片方も解消されると思っていたのですが...残念ながらそうではありませんでした。

また今回、メーカーさんに共振音についてなにかアドバイス等いただければと連絡してみました。開発の方にも話をしていただきお話をお伺いすることができました。メーカーさん曰く、開発時にもこの共振音は気になりながらの開発とのことでした。その中で、マフラーの抜けを取るか、共振音をなくす方向にするか...スポーツマフラーとしての拘り、マフラーの抜けの良さを取りましたとのことでした。

メーカーさんにお話を聞くことができたので、この共振音は私の中で納得としました。お忙しい中、ありがとうございました。

ここまでやって来たので、最後にドアのデッドニングもやってこのデッドニングを終えたいと思っています。4枚あるのでぼちぼちやっていきます。
| masa | WRX STI VAB | comments(0) | - |
←back 1/2 pages next→