Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Admin
  • 管理者ページ
  • CURRENT MOON
乳液状ハンドクリ−ム・・・
2012.07.12 Thursday 08:30

今回のリクエストは、乳液のような感じのハンドクリーム。

実は、前回から何度か挑戦しているんです、この乳液状ハンドクリーム。調べると乳化させるには、乳化剤が必要とのこと。乳化剤にもいろんな種類があるようですが、しかし乳化剤は界面活性剤との関係があるようなのです。乳液の使用方法にも、使用期間や注意事項が...。

肌が弱いme-guちゃんとsa-ya用なので、できれば使わなりいで出来ないものかと...。ホホバオイルとシアバター、みつろうで出来ないものか。

Net検索...ある方の情報を見ることが出来ました。まず、シアバターを溶かして、次にホホバオイルと混ぜる。混ぜて冷ます。固まり出してから精製水もしくは芳香蒸留水を少しずつ足していくと不思議と混ざりあっていくと。

前回作った試作品ですが、上記のように作ったつもりでしたが、残念ながらうまく混ざりあってくれませんでした。よく読むと、ホホバオイルとシアバターが固まりだしてからとありました。前回は、この部分を読み落としていました。今回も手探り状態で...。

今回の材料です。
--------------------------------------------------
みつろう:約4g
シアバター:約10g
ホホバオイル:約10ml
ラベンダー蒸留水:約10ml
--------------------------------------------------

まず、みつろうをよく溶かします。次にシアバターを追加。みつろうとシアバターがよく混ざってからホホバオイルを追加。冷凍庫に入れて約5分後に確認すると白く固まっていました。恐る恐るガラス棒でかき混ぜるとまた液化していきました。ここで、慎重に蒸留水を追加します。一度に約2ml程を容器に入れてかき混ぜる。おッ!混ざり合っていきます!そこでさらに2mlを追加...合計10ml入れました。



結果、分離することなくうまく混ざり合いました!しばらくしてからの確認も若干固まってはいますが、容器を傾けるとどろ〜っとクリームが動いてきます。う〜んもう少し蒸留水を追加できそうな感じです。



一応思ったように作れました!情報に感謝です♪本当の乳液よりはどろ〜っとはしていますが、使用感もよさそうです。何度か作っていくうちに本人の所望する物に近づければと^^。

| masa | Handmade cosmetics | comments(2) | - |
手作りボディーオイルと・・・
2012.06.20 Wednesday 09:41

手作りボディーオイルのレシピその1...



ホホバオイル:30ml
スクワレン:40ml

手作りと言っても、容器に計量したそれぞれのオイルを入れてよくかき混ぜるだけです。使用感の目安として今まで使っているオイル(成分ホホバオイル、スクワレン)と同じ感じになるように配合してみました。さすがに配合比は書かれていませんしね。


母親と姉用として、前回と同じレシピのハンドクリームを作りました。



前回、蜂蜜が低温だったためにオイルと馴染まなかったので、今回は温度を同じように温めてみました



それでも...蜂蜜、馴染みません。。。もっとオイルとみつろうがもったりするぐらい固まるまで掻き混ぜないといけないんでしょうね。この蜂蜜もどちらかと言えば重めの蜂蜜だったの原因でしょうか。。



蜂蜜は底の方に沈殿しております(笑)

〜ハンドクリームレシピ〜
ホホバイル:40ml
みつろう:小さじ4
シアバター:4g
ラベンダーオイル:6滴


Alembic芳香蒸留水...

前回の考慮点を確認するには早い方がいいということで、早速蒸留してみました。
主な考慮点は、火力...



乾燥ラベンダー約22g
ラベンダーの量も前回の34gから22gへ。



中火よりは若干弱い目からスタート



18分ほどで最初の蒸留水が出てきました。ここで火力を少しだけ弱くします。ここから、ラベンダーの香りが広がってきます♪



最弱ではない



30分ほどで、200mlが出てきました。ラベンダーは結構精油分が浮いています。その後、消臭スプレー用としてもう100ml出して終了しました。



Alembic全体像

結果...思った通りでした。今回の火力だと、前回ほどねっとり感はありません。適度な感じだと思います。また香りも多く含まれているようです。香りで興味深かったことがありました。200mlの蒸留水を100mlの別々の容器に移し替える時に、一応成分が合うようにと、容器を掻き混ぜて入れ分けたのですが、それでも2つの容器の匂いがかなり違っていました。匂いが違うということは成分も違っていそうですし、しかりと注意深く撹拌する必要がありそうです。



蒸留後のラベンダーです

| masa | Handmade cosmetics | comments(2) | - |
ハンドクリーム・・・
2012.06.14 Thursday 17:54

ハンドクリームの依頼を受けて...

色々と調べてみました...。レシピが多すぎて、また知識がないためにそのレシピを見ても出来上がりのハンドクリームを想像できない^^;ということで、はずはシンプルなレシピに挑戦してみました。

失敗してもいいようにと出来上がり約30mlで作りました。

とその前に今回注文の品々...



ホホバオイル500ml、オリーブスクワラン500ml、シアバター100g、椿油55ml、シャンプーベース1L、未精製みつろう(黄)100g

各オイルは、ボディーオイルを作るために少し多めに購入しました。ベースシャンプーは、芳香蒸留水を使ったシャンプーの試作に買ってみました。

〜手作りハンドクリーム編〜
簡単レシピ
ホホバオイル;20ml
未精製みつろう;小さじ2
シアバター;2g
ラベンダーウォーター;5ml



耐熱容器に、ホホバオイル、みつろう、シアバターを入れて加熱します。しばらくすると溶けてきます。溶けてきたらよくかき混ぜる。そして、容器に移してラベンダーウォータを追加しました。しばらくすると硬化がはじまり...固まったら出来上がり♪簡単ですw。でもラベンダーの香りが全くしません^^;量が少なすぎました。。。(調べてみると、芳香蒸留水は、ベースのオイル25mlに対して30ml(精製水でも可)とみつろう5gと書かれていました。)
このレシピでいうと全然足りませんね。なので、帰宅後に再度調合し直しました。ただラベンダーウォーターの代わりに、アロマオイルを4滴追加。それに、はちみつを小さじ1杯追加しての完成です。作り終えてから気付いたことは、オイルに後で追加する、はちみつや、芳香蒸留水等の温度はオイルと同温に近い温度にしておく方がオイルに馴染みやすいってことですね。何故気づいたかって...それは、はちみつが馴染みにくかったのです^^;



使用感は、香りよく手によく馴染む感じです。ねっちょりし過ぎていないのがいいです。
母親も気に入ったようです。

ハンドクリームと乳液の違いは、精製水の量の違いなんだとか。なるほど〜、乳液なんて使ったことないですからね〜w。

| masa | Handmade cosmetics | comments(0) | - |
ローズウォーター化粧水・・・
2012.06.13 Wednesday 08:03

レシピ...

〜今回の化粧水のレシピ〜
※1:me-gu用
ローズウォーター、100ml
グリセリン、10ml
クエン酸、2g
ウォッカ、5ml

※2:masa用
ローズウォーター、100ml
グリセリン、5ml
ベタイン、5ml
ウォッカ、5ml



ローズウォータで作った化粧水

使ってみて、ベタツキ感が強いと感じました。尿素を入れていからなのか、ベトツキ感はかなりあります。前回と同様に尿素も入れたタイプも作って使用感に違いがあるのかも調べてみます。その分でしょうか、肌の保湿性はラベンダーよりも高いように思います。ラベンダーでも朝化粧水を付けると夜までしっとりしているのですが、ローズでは、さらにしっとり感があります。肌の奥までしっとりしているような感じとでもいうのでしょうか。香りはふんわりと漂うのですが、どちらかと言えば重く感じます。まだまだ判断材料が少ないのですが、これからの季節はバラよりラベンダーかな。。。ミントの蒸留水もこれからの季節はよさそうですね。強い匂いのオレンジのバラの蒸留水もこれとどのように違いがあるのかと...気になるところではあります。
これはなかなか面白い!男子(女子)力UPです(笑)。

| masa | Handmade cosmetics | comments(0) | - |
Hand made・・・
2012.06.05 Tuesday 12:16

備忘録...
先日蒸留したラベンダーウォーターで作った化粧水のレシピ。

※1:
ラベンダーウォーター、100ml
グリセリン、5ml
尿素、2g

※2:
ラベンダーウォーター、100ml
日本酒、5ml
グリセリン、5ml
クエン酸、2g



※1´(※1に追加):私用
ラベンダーウォーター、50ml
グリセリン、5ml
尿素、2g
追加;
+ベタイン、小さじ1/2
+ウォッカ(90度)、8ml



※2´(※2に追加):me-guちゃんの希望でグリセリンを追加
ラベンダーウォーター、100ml
日本酒、5ml
グリセリン、5ml
クエン酸、2g
追加;
+グリセリン、5ml

初めてハンドメイド化粧水を使ってみて...
配合成分によって使用感にかなりの違いがあることを実感しました。私は肌は強い方なので今までまったくこういったことを意識したことがなかったのですが、使ってみると好みがあることにw。私の肌には、グリセリンが多いとべたつき感が残るので、グリセリンの代わりにベタインを追加してみました。反対にme-guちゃんはグリセリンをプラスする方がしっくりくるとのこと。自分に合った化粧水ができ上がると感動ものでしょうね〜。また季節に合わせて配合できるし、ハーブウォーターも変えたりと色々アレンジできるのもいいですね^^。

蒸留してから3日目にPhの検査薬があったのに気が付いたので、測ってみることにしました。
ラベンダーウォーターのphは...



約5.5と皮脂膜に近い酸性でした


素材一口メモ...
グリセリン:保湿作用、甘味剤、潤滑油、精油の水溶けを助ける
ベタイン:ベタツキの少ないさらっとした保湿剤、髪に艶
クエン酸:肌や髪のphバランスを整える、皮膚には収れん(引締め)、刺激作用、酸味
尿素:保湿、つるつる、角質分解作用
ウォッカ:清涼感、防腐効果、精油の水溶けを助ける、臭いが少ない、アルコール度数は40%以上を使用

| masa | Handmade cosmetics | comments(0) | - |
←back 1/1 pages next→