Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Admin
  • 管理者ページ
  • CURRENT MOON
釣行2011年◆ΑΑ
2011.10.11 Tuesday 15:22

久しぶりのゴムボです^^。といっても自分ゴムボではないんだけど...長いこと自分の出してないなぁ〜。



AM6時過ぎに出向

まず最初は根魚ポイントへ向かいます。がベイトがいません。。。いればほぼ一投目で食ってくるんですが、やっぱりダメです。気を取り直して次へ向かいます。

こちらでも根魚は反応なし。今日は根魚日じゃない?っという感じでの釣行スタートです。



このポイントで、ハマチとツバスとサワラがHIT。しかしサワラのタモ入れに失敗。こう言う日はバラスと続かなくなる。この後パタリと反応なくなりました。

根魚ポイントを手返し良く周るも、どのポイントもベイトの反応が薄い...。逃げでアオリ(20〜30m)を狙うも数杯釣れると後続きません。う〜んどうしたもんだ...と悩んでいると数百メートル先でボイル発生!私はリーダーの結び変え中^^;群れはツバスの群れでした。I氏が適当に遊んで終了。ここで私もツバスとサゴシを追加。



記憶にある限りでは初のマイカ。記念にパチリw。

午後は、I氏アオリにアコウ(電動リールでオートマチックに)をポツポツ追加。私は、大していいところ無く終了。今日も拾い釣りのような、我慢の釣りでした。良かったのは天気と波と景色かな(笑)。

釣果:ハマチ×1、ツバス×2、サゴシ×1、ガシラ×1、アオリ×3、マイカ×1

翌日、サゴシとイカを干してみました。







完成。約7時間ぐらい陰乾ししました。



マイカ、噛めば噛むほどあま〜い味が口の中に広がり好評であっという間になくなりました。サゴシも普通に塩焼きするより美味しかったデス。

| masa | Fishing 2010-2011 | comments(5) | - |
釣りが趣味!?・・・
2011.09.14 Wednesday 06:45

今年の初釣りに行ってきました!釣りを忘れているわけではないのですが...なかなか今年は行けないでいました^^;

navieさんとシオ狙いと、蛸もなんて感じで出航です。久しぶりのエステル号^^。



2ヶ所目のポイントでnavieさんHIT!でも後が続かない。。。もしかして渋いパターン?シオはジグには付いてくるのですが食い気がないように見えます。そんなこんなでその後もポイントを周るも...。



台風の影響で、ごみが非常に多く操船には注意が必要です。でも、このごみに魚が付いていないかとチェックくするもこちらもよろしくありません。結局加太まで足を伸ばしましたが思うようには行きません。と、ハンドルのパワステの調子が悪くなって...。



秋空ではなく夏空でしたが、海の上はとても気持ちよかったデス^^



戻りながらもごみを打っていくと、可愛い太刀魚がHIT

あっ、蛸もちょこっとしましたがこちらもだめでした。
そして、帰る途中にパワステのVベルトが切れて、操船が大変に。navieさんお疲れ様でした。海の上はやっぱり気持ちいいですね〜。またお願いしま〜す。

釣果、masa:太刀魚×1、navieさん:シオ×2


| masa | Fishing 2010-2011 | comments(4) | - |
釣行2010年ぁΑΑ
2010.11.16 Tuesday 14:28

14日、前回と同じくI氏と浮かんできました。

当日のメインターゲットは、鯛!の予定でスタート。とは、いってもここから出すのは二人ともハツなのでどうなるかはさっぱりわかりません。



ここの常連さんのような方々の2艇と出航〜

どっちに向かうのか...ま〜とりあえずは、あの2艇に付いて行こうかなんて(笑)。と進んでるうちに、小さい反応が出てきたので、すばやくボートを戻して、ジグを入れる。予想した、根魚...は出ません。探りながら進むと、青物のような反応がチラホラ。簡単にHIT、ハマチでした。まっハマチって言ってもツバスから名前が変わるか変わらないかって位のサイズ。サイズとはともかく魚探の反応は、高反応に。ほんと高感度で、正にジグに狂うって感じ。その中から少しでもサイズUPを狙って深場の方へと移動するも、どれも40〜45cmまで。リリースしながら少し小太り君を、日ごろお世話になっている方へのお土産分としてキープ。

その後、今日のメーンターゲットの鯛を探すのですが、ベイトの反応が出ないので狙うに狙えない。たまに反応が出ると、やつらです^^;ハマチだけ狙うと3桁行きそうな感度なんだけど、そればかりもね〜、根魚もいつものポイントのようにはいないようだし。お昼頃、大きくポイントを南下すると、同じところから出たボートが浮いていました。少し、魚探に反応が出だす。すかさずI氏がサバフグをHIT。最後に陸に上がって分かったのですが、このサバフグが運の付きだったような。陸に上がってわかったのは、常連さんはしっかりと鯛をあげていたこと。それもこのエリアで鯛を釣っていたそうです。あの小さなポツポツ反応の中、サバフグに混じって鯛もいたのかもしれません。結局は、鯛メインといいながら鯛に集中できなかったのが敗因ですね。。。それもベイトの反応が無さ過ぎたのも、やる気をなくさせる要因にはなっていたけど。ま、ようは精神力の問題だね^^;



最近は、釣行中に写真を撮るのが面倒で写真がありません^^; Taken on NOVENBER.5


そんな中でも収穫はありましたw。それは、約1年前にマルチュウ商会さんから購入したロッド、Specialist LIGHTGAME series SP-LGの使用感がようやくわかったこと^^。使ったジグの重さは、80g〜100g。ロッドのチップは柔らかいのに、ジグを難なく操作することができるんです。早いシャクリの中からの一瞬の間、食わすタイミングを取った時のロッドのブレもまったく気にならず。”ドン”とくるのにあわせて合わせを入れると綺麗にチップが入っていきます。気持ちがいいほど。巻き上げも楽。ようやく魂の入った SP-LG!次は、より大物を狙って...。これからは少しベイトを使う機会が、増えるかもしれませんw。


釣果:ツバス〜ハマチ、大量。

ハマチ君、小さいけどなかなか脂が乗っていて美味しかったですw

| masa | Fishing 2010-2011 | comments(0) | - |
釣行2010年・・・
2010.10.19 Tuesday 06:42

17日、I氏のゴムボに乗せてもらって釣行に行ってきました。
今年はなかなか日程と、天気に恵まれなかったゴムボ釣行ですが、さてさてどうなるのでしょうか。先週のI氏の情報では、「ディープでアオリよく、根魚も上々」。とのことだったので楽勝モードです。しかし現地に向かっている道中、海を見ると波高くうねりも残っているではないですか。予報は2m〜1m。おまけにテトラを超えて道路まで濡れているところも何箇所かあります。し現実はそんなに甘くはなさそうです。。。案の定、ボートを出す所もジャッパンジャッパンとしています。なんとか出れそうですが、嫌な感じです。



のんびりボートを準備をすませ、明るくなってから出航。久しぶりの海の上は、うねりがあろうがなかろうがやっぱり気持ちがいい。根魚ハンターのI氏のポイントは、地形の変化がありとてもよさそう。しかしベイトは付いているが、I氏曰く、「いつもよりもぜんぜん少ない。」とのこと。たしかにピンではいるが少し離れるとまったく反応ナシ。でも根魚ぐらいは釣れるだろうと、二人とも気楽に竿を下ろす...無反応。いや無反応ではないか...サバフグの反応はあります^^;おまけにエソの反応も。私の経験上、この海域でエソが沢山釣れる時は...根魚の反応はよくなかったと記憶しているので、正直嫌な感じです。そんな中、I氏がシオをHIT。がしかし、続きません。ポイントを移動するも、サバフグとエソばかり...ヤバイデス。釣れるのは大半がエソ。アシストフック2本にエソのダブルHITなんかも...ぜんぜん嬉しくありません^^;

あまりに反応ないので、ディープアオリ(25〜35m)へ変更。

I氏の思惑とはこちらも違って、先週のようには反応してくれません。それでも、まず私に胴長20cmほどのがHIT。その後、I氏にも同じようなサイズがHIT。先週よりもサイズダウンしているようです。結構粘って、I氏5杯、私2杯。

その後一旦、根魚に戻る...





けど釣れません。かなり前方でボイルを発見!どうしようかと話していると近くでもボイル。この群れにすぐにジグを入れると即HIT。ハマチの群れのようです。足が速いので追いかけるのは無理そうなのですが、またまた近くでボイルが発生。今度はペンシルミノーを投げると、HIT!この群れは、サゴシのようです^^。サゴシはハマチよりも足早く、この一匹きり。ま〜もう少し追いかければ追加は可能でしたが。次は、ペンペンシーラ君の大行列。この群れは遊んでリリース。

再度、根魚ポイントへ...。I氏がアイナメとハタを上げたのみで今日はホントに絶不調な根魚でした。。。

帰りにアオリを狙うも、サバフグの猛攻^^;I氏はエギでサバフグとアコウを上げていました(笑)。私はなんとか一杯追加。楽しかったけど、まったくパターンがわからない、我慢比べのようでした。

釣果:ハマチ×2、サゴシ、アオリ×3、



釣行中は、写真を撮る余裕はなし^^;帰りに撮った2枚のみです。

| masa | Fishing 2010-2011 | comments(0) | - |
釣行◆淵カッパ)・・・
2010.03.09 Tuesday 11:12

先週のバラシの練習をするべく三重県にガシラ釣りに行ってきました。本当はメバル狙いで行きたかったのですが、当日は風がある予報だったのでこちらに狙いを変えました。それでも道中、メバルポイントへ車を向けるかを真剣に考えます^^;で、ふと気付くのです、「気が悪いやん!」っと(笑)。仕事を終えて職場から直行で向かうのですが、到着予定時間の潮は、満潮の潮止まりの予報。あと1時間早ければ満潮の地合に間に合ったのですが...やる前から地合は終わっているんだろうなぁ〜なんて考えながら、それでもリアクションでパクっと出るだろうかなんて考えながら...。

ポイントに入ると先行者が3人。風は思ったよりなく釣りやすい状況です。私の入りたい所は空いていました。無心で数投投げますが...反応はありません。思い出しました!ここの魚、捕食のタイミングにならないととんと口を使わないことを^^;そして、一時間が過ぎ...先行者が帰っていきます。おまけに風が北風から南風に変わり、そして風速が強くなっていきます。ロッドが風で煽られます。

テトラの上でじっと我慢(笑)。

先行者の方達、満潮前の地合で釣れているのでしょうかね〜。私は、潮が動くその前の小地合があることを信じて、ガシラが暮らしているであろう砂地からの変化のある所で集中します。キャスト開始から約2時間後にようやく口を使ってくれました。し...しかし、なんて小型なんでしょうか...先週からの小物釣りが身に染みているのでしょうか(汗)。しかし、魚の活性が上向きなのは確かです。少し移動して、5投目。ここで来ると信じているところをジグが通過する所で、フッとワームに違和感!同時にフッキング!前回バラしたフッキング時の悪い所を思い出しながらやり取りします。しかし思った以上にサイズが大きく、手前のテトラが近づくと渾身の力で潜ろうと抵抗します...なんとか上げることができました(ホッ)。

photo by masa

29.5cmとオカッパ自己最高となりました^^。(帰りに撮影しました)

その後、続けて22cm、15cmを追加。思っていた通りの小地合^^。このあと本当に潮が動き出すまで、また沈黙が続く...予定です。

photo by masa

今回から魚を入れる入れ物をビニール袋からこれに変えました。これを腰にぶら下げてw。

一応粘ってみましたが、やはり沈黙...。もう少し釣れない時間があるのでクーラーに魚を入れに行きます。

そして、戻った一投目!そう心の準備ができていないのに...HIT!これもなかなかのサイズのようで、ガンガン潜っていきます。なんとか浮かせて...あ〜ラインがテトラに〜っと思ったと同時に...虚しくラインブレイク。もう少しロッドを高く上げていたらと悔やまれます。

潮を見ると潮が動き出しています!待っていた地合の到来です♪しかし、この地合は短かった^^;小型を追加して、普通サイズをバラシて...終わりです。移動もできないくらいの短さです。でも、もう少し、もう少しと粘って念願のHIT!おっ!これもいいサイズ!しかしラインが急に横に走り出します?!もしかしてフッコ?ラインを確認しながらテトラにすれないように気を付けて、抜き上げます。抜き上げたけどさ〜どう掴もうか...約5秒がスローモーションのように流れて...見事な空中エラ払いでフックアウト!!さようなら〜〜。う〜ん、釣ったとカウントしてもいいかな(笑)。メバルタックルで初シーバスだったのでうれしかったです^^。自己初が続いき、すこし満たされたけど、でも帰り道では、あ〜すればよかったかなぁと...反省の釣行でした。でも、こう言うのが釣りの楽しいさでもありますね。

でもさすがに次の地合まで遊ぶことはできないので(翌日用事がなかったら遊んでいたかもw)、しぶしぶ帰ります。帰りは、土砂降りでした。

釣果:ガシラ、3匹(29.5、22、20、15、15、17cm)、フッコ1匹

| masa | Fishing 2010-2011 | comments(5) | - |
初釣行 淵カッパ)・・・
2010.03.01 Monday 12:07

今年の初釣りは、オカッパメバル。「わかば募金チャリティー第8回淡路島メバルFISHING」に参加してきました。今回も、エントリーすると大会毎にはメンバーの内の誰かが入賞を果たす凄腕集団の「@salty」さんとご一緒させていただきました。大会は前年度から、個人戦のほかにチーム戦が新たに加わったことでさらに白熱したゲームが展開されているようです。

大会レギュレーション
・競技時間は15:00〜23:00の8時間
(帰着時刻厳守)
・ルアーフィッシングに限る。
・淡路島内ならどこでもよいが陸からの釣りに限る。 
・2匹長寸(キープサイズ17cm以上)
・事前に登録した3名1組のチーム戦部門では、それぞれのキーパーサイズ以上の最長寸魚の合計で順位を決定する。

今回の参加者、159名。チーム戦は、43チームの登録。なんと今年は参加受付後の数時間で定員オーバーになったようで、急遽受付を締め切ったらしいです。

大会当日、家内の実家でsueさんと待ち合わせをして、sueさんに乗っけていただいて大会へと向かいました。道中から風強く、その風は淡路島の東西に影響がでる北風です。この風が大会にどのように影響するのでしょうか。。。

photo by masa

明石海峡大橋

photo by masa

photo by masa

photo by masa

家族で乗りにこよう^^

会場に2時前に到着。受付を済ませ、そして開会式になります。
約2年ぶりに会うメンバーの皆さん。皆さん元気そうでなにより。で、皆さんまったく変わりません。年をとらないところがまた素敵なメンバー達ですw。

開始とともに目的地へと向かいます。風が強く厳しそうですが...とりあえず釣れる気はしませんが、約2年ぶりに振るロッドなので少し練習しますw。

photo by masa

暗くなりだしたと同時に、macさんにHIT!サイズもそこそこのGoodサイズのようです。その横で釣りをしていた私も俄然やる気がでてきて...HIT!・・・?あれれ、軽すぎです。えいっと抜くまでもなく、かわいいガシラちゃんではありませんか。それからは子ガシラと戯れて...待望のメバルも子メバルちゃんなのです。その間もメンバーは着々と釣り上げて行きます。この辺から少しプレッシャーが入ってきます^^;なんとかキープサイズを上げるも、可愛い18cm、19cm。少しいいのを前回同様にバラしてしまいます。その後は時間だけが過ぎて行きます。。。バラした魚はデカイといいますが、大会では、サイズよりも精神的ダメージのほうがデカイことは間違いありません。その様子を目撃していたsueさんからの指摘で、私の悪い癖が再認識できました。修正して次回につなげたいと思います。大会帰着時間が11時なので、10時過ぎに切り上げ、11時5分前に帰着報告。

団体戦@saltyAチーム、Bチームともにキーパー17cm以上をキープ。サイズも私を除いてみんな20cmUPをそろえているので団体戦はいいところに行けるのではとの予想です。足を引っ張っている私のサイズが悔やまれます。。。個人戦の検量リミットは2匹寸、36cmと発表になりました。今回は小さいながらもそれでもなんとか検量に進むことができましたw。

photo by masa

まずは団体戦からの検量です。順にチーム名が呼ばれて検量に進みます。後のほうが優勝に近いとの声が聞かれる中、検量を済ませしばらく待ちます。。。10時頃から振り出した雨は本降りになってきました。

photo by masa

結果が発表されました。@saltyAチーム、Bチームで同寸です!同寸の場合は、チーム内のビッグワンで決まるので、sueさんの23.1cm!で、@saltyAチームがめでたく優勝することができました。sueさん、クレアンさんありがとうございました。

photo by masa

@saltyBチームの授賞式です^^

続いて個人戦。すごいサイズを持っている方がいるとのことですが、@saltyのなかから入賞者が4名(4位、5位、7位、9位)出ました。おめでとうございます!

photo by masa

sueさんの受賞式、ちょっと暗いですね^^;

皆さんお疲れ様でした。また大会運営のみなさまお疲れ様でした。
緊張感のある中で楽しく遊ぶことができました。


| masa | Fishing 2010-2011 | comments(6) | - |
←back 1/1 pages next→