Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Admin
  • 管理者ページ
  • CURRENT MOON
ショパン・・・
2010.02.18 Thursday 16:48

今年はショパン生誕200年。色々とショパン企画が催されています。
実はこのSACDを購入してから知ったのですがw。



ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 [Hybrid SACD] Rubinstein 
レーベル:Rca Living Stereo

ルービンシュタインのピアノの音色がとても綺麗です。



ショパン:バラード&スケルツォ [Hybrid SACD] Rubinstein
レーベル:Rca Living Stereo


オーディオラックの一番下に置いていたセンタースピーカー、映画の台詞では特に違和感を感じることはなかったのですが...SACDだと違和感を感じたので、移動してみることに。センタースピーカーをラックの一つ上に移動しました。しばらくこの位置で聴いていたのですが...しかし、まだ少し低いようなので、ラックの上、TVの前に移動させました。でもちょっとこの位置...無理やりなんですよ。TVの本体電源スイッチの目の前。電源がとても入れにくくなりました(笑)。
そんな置き難い場所に変更した効果は...音の出処としてはよくなりました。もう少し高くってもと思いますが。ただ、新たな問題が...。そうです、ラックの上に置いたのでスピーカの下の空間に音が反響してものすごい響きです。反響、振動をしないよう、軽減するようなインシュレーターが必要です^^;どうしたものか...とりあえずの応急処置として、職場で何か使えそうなものがないかと探しますw。使えそうなものを2、3発見しました。それは、鉄の分厚い丸座とステン袋ナットです。それにブチルゴムを用意して、一番下にブチルゴムを敷き、丸座、ステン袋ナットと設置してスピーカーを乗せました。結果、反響が嘘の様になくなったのですが、...堅く感じるので、ステン袋ナットの上に10円硬貨敷いてみました。少し堅さが取れました(ホッ)。これ以外にも15〜50mmぐらいの厚さの木も試してみたいですね。結果、ぼやけていた(反響)音がなくなり、フロントの左右のスピーカーからの音の繋がりもよくなり立体感、奥行きが出てきました。この空間の感じですが、2chでの空間表現とはまったく異なるものです。CDの2chの空間表現もいいのですが、SACD-Mulitの表す空間もとても素晴らしいものがあると思います。と言うことで、最新のAVアンプの自動位相マッチングシステムなんてとても気になっています(笑)。

| masa | SACD | comments(0) | - |
Julia Fischer・・・
2010.02.13 Saturday 09:09



J.S. Bach: Sonatas and Partitas for Solo Violin, BWV 1001-1006 [Hybrid SACD] Julia Fischer
レーベル:PentaTone Classics

全体的にゆったりとしたテンポで、ゆれが少なく安定したリズム。音色がとても綺麗で聴きやすいと思います。



ソースによってセンターに重点を置いて製作されているSACDもあります。こちらのSACDもそうなのですが、SACD-Mulitを楽しむ場合、センタースピーカーの置く場所はとても重要になってきます。できればセンタースピーカもフロントスピーカーと同じものがよさそうです。でも私はシアターと兼用しているので置く場所も限られているし、スピーカーも...。ただいま、各スピーカーを動かせる範囲で微調整をし、SA-60とSR-17EXのスピーカー設定・調整をしながら楽しんでいます。
| masa | SACD | comments(1) | - |
SACD・・・
2010.02.10 Wednesday 08:37
国内で入荷困難になりかけているSACDをAmazon.deことドイツAmazonから取寄せました。商品自体は安かったのですが、送料が高くつきました^^;Amazonアカウントは、他国のAmazonでもそのまま使えるので便利です。

UPSだと荷物の追跡が楽しいですw。

OSAKA, JP  2010/02/07 12:21 配達済み 
OSAKA, JP  2010/02/06 17:58 仕向国センタースキャン 
  2010/02/06 12:28 空港上屋スキャン(輸入) 
  2010/02/06 10:43 空港到着時刻 
NARITA, JP  2010/02/06 9:05 空港出発時刻  
  2010/02/06  8:00 空港到着時刻 
PAMPANGA, PH  2010/02/06 3:29 空港出発時刻  
  2010/02/06 1:33 空港到着時刻 
CHEK LAP KOK, HK  2010/02/06 0:02 空港出発時刻 
CHEK LAP KOK, HK  2010/02/05 23:47 空港出発時刻 
  2010/02/05 21:50 空港到着時刻 
KOELN (COLOGNE), DE  2010/02/05 4:10 空港出発時刻  
  2010/02/05 3:04 空港上屋スキャン(輸出) 
  2010/02/05 1:53 空港上屋スキャン(輸出) 
  2010/02/05 0:52 空港到着時刻 
SCHKEUDITZ-GLESIEN, DE  2010/02/04 21:30 空港出発時刻  
  2010/02/04 19:25 発地国センタースキャン 
  2010/02/04 17:56 集荷スキャン 
DE  2010/02/04 12:33 請求情報を受信しました 




Complete Suites for Cello Solo[Hybrid SACD] Gavriel Lipkind  



Beethoven: Symphonie 7[Hybrid SACD] Carlos Kleiber



ベートーヴェン:交響曲第4番[CD]  カルロス・クライバー

約4日で商品が届きました〜、早いですね^^。

最近は、この他にも購入したSACDを夕食後に聴いて寛いでいます♪
楽しみにしていた音楽は...
音の出る勢いや伸び、繋がりが、SACD-Stereo、SACD-Mulit、CDの各レイヤーそれぞれに違うように感じます。今回私はSACDプレーヤーを主に、SACD-Mulitを聴くために導入したのですが、システムとマッチするSACD-Mulitは、とてもよく、艶やかな音の広がりがあり、音に包まれているように感じます♪ただその中でも、私のシステムだとSACD-Mulitでは音に伸びがないように感じるソースもあります。そのソースを、SACD-Stereoで再生すると音の伸び繋がりがよく綺麗に聴こえます。ソースによる録音の違いなのかシステムの問題なのか詳しくわかりませんが、ソースによってよく聴けるレイヤーを選んでいます。ただ、CDレイヤーではじっくりと聴き比べたことはありません。レイヤーによる音の違いは、システムのバランスもあると思うのです。このバランスをどこに持っていくか...それはそれぞれの好みによって変わってくると思うのです。それに音が鳴っていないように感じるレイヤーでも、各システムの電源周りを更新することで改善できるのではとも思います。

私のシステムでもマッチするSACD-Mulitの音楽は、至高の空間にいるようなリラックス効果があります♪音に癒されて♪

Gavriel Lipkindのチェロはまさに目の前で演奏しているような空間が生まれチェロの響きや余韻が部屋を優しく包んでくれます♪レーベルは、自身のプロデュースによる、「Lipkind Productions」から。



ジャケットにも凝っていて、ドイツ在住の女性デザイナーが手がけ、テーマは「バッハの生きた時代」。ドイツでデザイン賞を受賞。
2000年にそれまでの音楽活動を一旦休止し、約5年フランクフルトの山中に篭り音楽と向き合い音楽、芸術的精神の向上のための生活を送る。10年プロジェクトで歴代のチェロ協奏曲の名曲をCD化していくそうです。

Carlos Kleiberの第7番、第4番は同じ日のLIVEです。演奏からエネルギーが伝わってきます。
できれば...一枚に収めてほしかった。
レーベル:Orfeo d'Or
| masa | SACD | comments(0) | - |
←back 1/1 pages next→