Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Admin
  • 管理者ページ
  • CURRENT MOON
お山でのポートレイト・・・
2009.09.04 Friday 08:37

素晴らしい景色と空気の中でまったりと過ごす時間が好き♪

その雷鳥沢滞在2日目(8月16日)の夕刻...。

広大な景色をバックに...「パッシャ・・・パッシャ・・・パッシャ・・・」

photo by masa

sa-yaが飛ぶと...

photo by masa

それにつられてno-zo^^

お姉ちゃんのようにJump一番!・・・う〜ん、ポーズがなかなか上手くきまりません。諦めずに飛び続けるんだけど^^。

photo by masa

最後は二人で息を息を合わせて、「ハイ!Jump〜♪」


温泉上がり、こんなことして遊んでいました(笑)。


そして、少しまじめなポートレイトを...(笑)。

photo by masa

ポーズを決めて(笑)

sa-yaは、きまったかな(^^)。
no-zoは、照れた表情に(^^)。
ズボンが捲くり上がったままのポーズが...まだまだ一年生ですネ(^^)。


久しぶりの人物撮影は、楽しかったデス♪

| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(0) | - |
monochrome・・・
2009.08.28 Friday 14:30

モノクロームで見る異世界...

photo by masa

優しいモノクロームの世界も好きですが...

photo by masa

photo by masa

少し力強いイメージで...

photo by masa

photo by masa

photo by masa

photo by masa

| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(2) | - |
ザックの中身・・・
2009.08.27 Thursday 07:35
ザックの中身と個人的な道具のインプレ編です^^。

photo by masa

〜sa-yaのザックの中身〜
☆ザック:オスプレー Echo20(990g)

☆テーブル:BAJA(バハ)400(890g)
あるのとないのとでは大違い!?お気に入りですw。

☆寝袋:イスカ アルファルト700(1280g)
子供曰く、快適のようです。ただやっぱり嵩張ります。この寝袋が4ヶだと我家のザックシステムでは厳しいです。

☆雨具:エーグル 上下

☆水入れ:プラティパス 1L

☆水筒:SIGGボトル 0.6L
丈夫が取り柄。ナルゲンの軽い水筒が気になるのですが...我慢です。

☆ザックカバー:モンベル ジャストフィットパックカバー25(80g)

☆miniマグライト2AA(120g)
☆ヘッドランプ
☆トランプ(今回Unoも用意する予定でしたが忘れてしまいました)
☆SOYJOY
☆ゴムサンダル

sa-yaのザックには新たにテーブルを加えました。それでもまだ余裕があるとのことなので次からはもう少し担いでもらおうかな^^。


〜no-zoのザックの中身〜
☆ザック:MILLET  KULA 30(1100g)

☆寝袋:イスカ アルファルト700(1280g)

☆ギア:ユニフレーム fanマルチロースター(290g)

☆ガスバーナー用ウィンドスクリーン(90g)

☆雨具:モンベル レイントレッカー上下(350g)

☆水筒:SIGGボトル 0.6L

☆ゴムサンダル

no-zoもザックが変わったのみで昨年とほとんど変わらず。


〜me-guのザックの中身〜
☆ザック:ミレーサースフェー50(2002g)

☆着替え:4人分
今年は、昨年の経験(朝晩の冷え)からそれぞれにフリースのアウター持っていきました。薄手の手袋×3。

☆食料:4人分
サタケ非常食21食、SOLLEONEのパスタ2食、おこげスープ6食、お菓子(スナック菓子、スルメ、クラッカー、キットカット(溶けました)、カロリーメイト、SOYJOY10食、韓国海苔

photo by masa

☆水筒:SIGGボトル 0.6L

☆雨具:モンベル トレントフライヤージャケット(290g)
     バーサライト パンツ (180g)

☆化粧品

☆洗面用具×4人分

☆:カイロ

食料に衣服と以外に重くなりますね^^;それでもなんとか...大丈夫と。

photo by masa

〜masaのザックの中身〜
☆ザック:Gregory バルトロ70 (2520g)
背負うと重さが分散されるのか...手で持つと凄く重いザックなのに担ぐと重いなぁと感じるぐらい。他の大型ザックを背負ったことがないので比べることが出来ませんが、安定しているように思います。ただ、そうは言ってもやっぱり歩いていると次第に重さが身に染みてきます。。

☆テント:Hilleberg Nallo 4 GT (3200g)

photo by masa

今の所、前室、室内とも大満足♪
今後気になる所が出てくればレポ入れたいと思います。

photo by masa

前室は想像以上に広く、私とmeguのザックを置いて(ザックの下に敷くビニ−ルシートがあるとザックが汚れません)、バハテーブルやガスバーナーを出しっぱなしにしていてもOk。それに登山ブーツも邪魔になりませんでした。

photo by masa

この写真では分かりませんが、室内の天井にはロープが一本張ってあります。前室には、ロープを張ることが出来るので、ここに濡れたレインウェアーをかけることが出来ます。

photo by masa

後ろの換気窓。この窓を全開に開けていました。

まず形が形なだけに快適か心配でしたが(笑)、左右の立ち上がりはほぼ垂直に近いので天井まで圧迫感がなく室内が広く感じ、両サイドでもゆったりとテントの壁を気にすることなく寝れます。それに、縦側の両端の換気窓を開けると空気の流れも良好でした。

珍しくmeguちゃんもべた褒めでした。次回のキャンプ時にはもう少し詳しくテントを撮影して、Hilleberg Nallo のよさをお伝えしたいと思います(笑)。出来るかな...^^;

☆寝袋:ISUKA エアー450 & 450ショート (820g、780g)
問題なく温かく寝ることが出来ました。大きさも小さく嵩張りません。寒がりのmeguちゃんの思いっきりの良さで購入。大満足です^^。

☆マット:Therm-A-Rest Zライト, Regular(440g)
      ProLite Plus Women's, Regular×2(680g×2)
      MAGIC MOUNTAIN ロングトレイル165(660g)
ProLite Plus Women's厚み4.5cmあり座り心地、寝心地ともに最高でした♪(少し嵩張ります。)今回私は、MAGIC MOUNTAIN ロングトレイル165厚み2.5cmに寝ました。あくまでも個人的感想ですが、明け方にはマット内の温度が冷たく感じました。昨年寝たZライトでは感じませんでした。寝心地いいマットから領土宣言されていきます。

☆クッカー:スノーピーク チタントレックコンボ(370g)

photo by masa

キャンドルランタンは持っていくのを止めました。変わりにVICTORINOXハントマンと耐熱シートを入れて...

photo by masa

クッカーの中に...

photo by masa

ワンセットにしました

☆VICTORINOX ハントマン(85g)

☆ストーブ:EPI APSA-掘425g)
もっと軽いのが...

☆ランタン:雪丘工房 灯油ランタン(85g+オイル約40cc)
灯油ランタンはテント内で使うより外で使うのがいいのでは(結露防止のため)。なので乾電池式のBlack Diamondのオービットあたりが気になります。
       
☆ライター:100円ライター(16g)

☆ガス替:ガス500 (470g×2)
今回の使用容量は、470gのガス缶の約半分。

☆雨具:ARC'TERYX Theta AR Jacket (645g)

☆雨具:AIGLE:パンツGORE-TEX XCR (?)

☆防寒着:The North Face Thunder Jacket(350g)

☆水筒:SIGGボトル 1L

☆ストック:BlackDiamond トレイルショックコンパクト1ペア(556g)

☆カメラ:Canon KissDN(485g)
      EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(385g)
      EF70-200mm F4L IS USM(760g)
      Pentax Optio W80(150g)

今回の立山ツアーで、EF70-200mm F4L IS USMの望遠レンズで撮影したのは10枚ほど。重いレンズを持って行った割には少な過ぎるように思います...無駄だったような...。ま〜自己満足な世界ですからね〜(笑)そして、このレンズは今回私の手に余ると想像はしていました。。。そんなので行く前から標準レンズが欲しかったのです。たとえばEF24-105mm F4L IS USMあたり^^。ただいまレンズ資金貯蓄中、間に合いませんでした^^;

☆三脚雲台付:GITZO GT0932+G1077M(970g)
テントをNewテントに変更して2600gの減量になったのに対して...レンズと三脚が増えました^^;結果的にはそれでも485gの軽量化になっていますw。でも、テントが軽量になり大きさもコンパクトになったその分、エアーマットが増えて...結果昨年よりも重くなってしまいました^^;

☆GPS:GARMIN GPSmap 60CSx 英語版 + 2GB(213g)

☆電池:Sanyo 充電式ニッケル電池(27g)×4、アルカリ電池×2
      バッテリーパック NB-2LH×3(40g×3)
☆バックカバー:HUNTINGBLESS

photo by masa

私のザックを背負っている写真も撮って欲しかったのですが忘れていて。次回は忘れることなく...。
| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(4) | - |
立山 雷鳥沢 バックパッキングキャンプ 三日目・・・
2009.08.26 Wednesday 17:52
17日朝、快晴。

photo by masa

気温は低く肌寒いです。(温度計が欲しい。。。)
帰るにしても、もう一泊するにしても、今日は朝からのんびりモード(^^)。

photo by masa

photo by no-zo

sa-yaとno-zoと一緒に、昨日登った山のことを話していました^^
ALL、「信じられないね〜^^。」

photo by masa

photo by no-zo

この画は、硫黄臭が臭いので帰りは地獄谷ルートを通るのが嫌なので別ルートから帰りたいと言うsa-yaにたいして、地図を見せて地獄谷ルートの方が室堂駅まで近いからと一生懸命説明する私(笑)。理解してもらえました。
そして、話し合った今後の予定は...この日に下山することに決定しました^^;

photo by masa

朝ごはん用のお湯が沸くのを待つno-zo

photo by masa

沸いてきたのかな?

今回の主食の大半はサタケさんのレトルトフードです。オンラインShopだと3000円以上で送料無料なのがナイスでした(^^)。その他の主食として、おこげスープとSOLLEONEのパスタを持っていっていました。我家の個人的な好みとしては、SOLLEONEのパスタが一番人気です。もちろんサタケさんも美味しいですよ♪

時間の感覚を忘れるほどに、のんびり景色を見ながらお喋りを楽しみながら寛ぎAM9時ごろから徐々に片付けに...。

photo by masa

同じ写真ばかりですがもう一枚^^;そして、最後に珍しく家族写真を撮影して...

photo by masa

片付け終了です(10:37)

室堂に向けて出発します。
っと、雷鳥沢野営場を出る所で、昨日大走りで出会ったご家族の方とバッタリ!少しお話をして、お互い室堂駅へと向いました。

photo by masa

no-zoちゃん、重そうです。これでも、sa-yaお姉ちゃんに余分に荷物を持ってもらっているんだけど^^;

ゆっくり行きましょう〜(^^)。私のノロペース(写真を撮るので遅くなる^^;)に付き合ってくれるno-zo。
meguちゃんとsa-yaちゃんは自分のペースで歩いていきますw。

photo by masa

photo by masa

photo by masa

ビックリするぐらい一日目の構図と同じです(笑)。芸がないなぁ。。。

photo by masa
 
photo by masa

地獄谷のシンボル?

photo by masa

ザックには雄山山頂の札が(^^)。

photo by masa

さて、最後の登りに突入です!
今日は、月曜日なのでお客さんが少ないかなぁと期待していたのですが...なんのなんの、今日も沢山の方が立山散策を楽しんでおられました。

一歩、一歩進んでいく。。。

みくりが池で先方を歩いていたmegu&sa-yaと合流して、さすがに人が多いのでポートレイト撮影はパス。。。

photo by masa

綺麗です♪

photo by masa

AM11:20分室堂に到着。

立山玉殿の湧水の水をボトルに入れようとザックを置いた時。あっ!「どうもです♪」、と先ほどほぼ一緒に雷鳥沢を出たご家族の方と再びお会いしましたw。一昨日のルートなどを聞くと別山乗越から大走りルートを歩いたとのことでした。なるほど〜と次回のルートの参考にさせていただきます(^^)。
帰宅後に偶然にその方のBlogに出会い...拝見すると以前にHPのレポートを拝読させていただいていた方と分かりさらにビックリでした。不思議な縁ですね。。。

no-zoちゃん、お腹が空いたとのこと。甘いもの好きなno-zoは、あずきまんを購入。

バスの出発時間は、

photo by masa

12:00ジャスト。

photo by masa

スムーズに下山できました。

photo by masa

車窓からの劔岳

あずきまんはとっても美味しかったです♪

photo by masa

車窓から立山連峰

ケーブルカーも待ち時間なく乗れました。

photo by masa

また来ます(^^)

photo by masa

女子組三人はお土産を買いに...
その間に車を回そうかと考えるも、のんびり行こうとベンチで休憩w。このあとさらにのんびりすることに。。。

photo by masa

その後買い物も済んだので、「車を駅まで持ってくるよ。」と私一人、川原の駐車場へ行きました。しっかし下は暑いですね〜^^;あの涼しさをもう一度〜なんって考えながら車に近づき、いつもの様に鍵解除ボタンを押すと...



「ピッ♪ピ♪」



と鳴る筈の音が鳴らず...!!鍵が開きません!?



「うっ...もしかしてバッテリーですか?!」 と無意識で独り言を言っていました^^;



鍵穴に鍵を差して回し鍵を開けて、恐る恐るセルを回す...まったくの無反応!

バッテリは、最近変えたところなのでバッテリーが原因ではないはずだから他の原因を探すと...!
後部席のルームランプとさらに前席のル−ムランプ灯っているではありませんか!

なるほど...原因が分かったのでそのランプを消して...。まっどう転んでもセルは回らないので、すぐにJAFへTEL♪車に乗ってすぐに加入したJAF会員。初めてJAFにTELします。優良会員ですねw。

お行儀悪いですが、TELの最中に登山靴の紐を解いてスリッパに履き替えましたw。
そして、ドライバーが到着するおおよその時間を教えていただきます。応答は丁寧で安心できましたw。すぐに服装を着替えて、女子組が待つ駅へと向います。



女子組、「...!!」、「どうしたん!??」



からはじまって、説明しまして...「気長に待ちましょうぅ〜」、「あたしが確認しなかったから、ゴメン」とっ。

再度子供達とおやつを取りに車に戻ります。子供達はそのついでに服装を着替えます。子供達は、もうそれは山のカッコではなくって...街着です(^^)。そんな服持って来てたのね^^;

「こう言うのって時間に余裕を見て伝えるよね。」なんて勝手なことを言いながらw。

そして待つこと...55分。きっちりかかりました。そして、手際よく作業して車は無事にエンジンがかかりました(ホッ)。
ありがとうございました。
(ドライバーさんの話だと約30km離れていたそうです。)


少し帰りが遅れたけど...帰宅しま〜す。
そして、どうせの遅れついでにと帰りの北陸自動車道の徳光パーキングエリアで遅めのランチを食べて、お土産屋さん巡りを楽しんで帰りました。
給油:30L(20Lでもよかった)

<Google Map> Powered by Wadachi

「8月17日のGoogle Map&GPS軌跡」

| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(2) | - |
立山 雷鳥沢 バックパッキングキャンプ 二日目・・・夕方編
2009.08.24 Monday 12:13
朝早くからの行動で、お昼過ぎにはテント場に戻って来れたので、一日が長く感じとても幸せです。
珍しく子供撮影会なんかもして楽しみました。それにsa-yaとno-zoが撮影した子供とのツーショットなんかも^^。ついさっきまでの縦走が嘘のようです。

そんな長い一日も次第に日が暮れて...いきます...。

photo by masa

雲多く今夜の星空が少し心配...

photo by masa

少しづつ山に夕焼けの色が反射していきます

photo by masa

Pentax W80のパノラマ合成
3枚の写真を合成するモードです。合成の画の継目が難しく...拡大するとズレているのが分かります^^;

photo by masa

photo by masa

一時間前まで雲が多かった西の空...

photo by masa

photo by masa

昨日より赤くはなく...
でも綺麗なアーベントロートでした♪

夕食を済ませて、またまたトランプ大会!でも今夜のmasaの心はトランプにあらず...デス^^;楽しみにしていた星空が気になって気になって仕方ありません。。。

photo by masa

雪丘工房さんの灯油ランタンに灯りを燈して...こう言うのが撮りたかった^^。

でも気圧の関係で、灯油ランタンの蓋からオイルが漏れて...ジップロックに入れていたので事なきを得ましたが(ホッ)。※灯油ランタンのオイル漏れは不具合だそうで、通常は運搬、気圧ではオイル漏れは無いそうです!安心して使うことができるとのことです。商品は、無償で修理していただくことができました、ありがとうございます。ネット上で、不具合とは知らずに商品をインプレすることは恐いですね...以後気を付けたいと思います。ご迷惑をお掛けしました。

それにオイルを燈すといろんな影響が出るんですねぇ、勉強になりました。テント内でオイルランタンを燈すと、テント内が暖かくなる...でもその結果、結露が出ます^^;それはもうすごい結露。前室だけでこの時点でインナーテント内は結露していませんが後で気づいたのですが、アウターテントはテントを覆っているので...インナーテント上のアウターテントにも当然結露が出来ちゃいます^^;それがポタポタとインナーテントに降ってきて、明け方にはインナーテントも少し結露が出ていました。少しぐらいの結露は仕方ない...けど、わざわざ自分から結露を作る必要はないですよね。。。次回から灯油ランタンはテントの外で。なので電池式ランタンがあると便利ですね...。

北東の撮影から真上の夏の大三角を撮影しようと空を見ると雲が出てきたのでこちらはパス。北西方面は大丈夫なのでこちらから。その後北東から真上にかけて雲が出だし、その雲は時々晴れるって感じなので...この方面の撮影は無理っぽいです。

最初はテントの外で撮影していたのですが...肌寒くなってきたので、masaはテントの前室へと移動して...外と違ってここだと寒くありません。ちなみに着ていた服装は、薄手の綿の長袖と、長ズボン(寝巻きです(笑))に薄手のダウンジャケット(The North Face Thunder Jacket)と雨具のズボンでした。
前室の向きは西側と、ちょうど撮りたい方向だったのも良かったです^^。

photo by masa

北極星と北斗七星をメインに...(長時間露出300秒)

photo by masa

そして、長時間露出300秒を10枚コンポジットしたのが↑になります

この画を撮影するのに50分。微かにテントの中から子供達の寝息が聞こえくるのを聞きながら、テント前室の中からボ〜〜と空を眺めていました(^^)。

念願の☆空撮影が出来てよかったです^^。
実は、パッキングの最後の最後まで悩んでいたものがあります。それは、タープのペンタ君とカメラ三脚(GITZO GT0932(0.85kg) + GITZO G1077M(0.12kg))です。そして悩みに悩んだ末に持っていかないと決定したペンタ君と三脚。それでも三脚は...出発の数分前まで悩んでいて...最後は悩むのに疲れて...持って行くことにしたのです^^;
もって来て正解デシタ!

さて、明日帰るのか...もう一泊するのか...明日の家族会議で決まります^^;

三日目へと続きます。
| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(2) | - |
立山 雷鳥沢 バックパッキングキャンプ 二日目・・・
2009.08.22 Saturday 09:15
翌朝、明け方には雨は止み...。そして薄明かりの中で、こそこそと朝食用のお湯を沸かし出しました。キャンプと言えば、朝はゆっくり目の我家ですが、さすがに今日は本気モードです。

photo by masa

雨音も止むと分かっていれば...心地よく(^^)


初テントに泊まってみて...
寝る時のテントの状態ですがまず両側の空気調整窓は開けたままにして、、出入り口のアウタージッパーは閉めました。そして、室内は網戸のみモードで寝ました。適度に空気が動いているのが分かりますが、シュラフからは寒さを感じることなく室内温度は良好でした。快適に寝ることが出来ました。


一昨日の天候を観察していて感じたこと...
朝はとてもよく晴れていても、午後11時あたりから次第に薄雲が出だしてその雲が次第に立山の稜線にかかりだしていきました。なので、稜線を午後2時までには下りだしたい。日によっても違うから、余裕を持って午後2時ごろには野営地には戻って来たい。
なので、ゆっくりなペースの我家なので少し通常よりも時間にゆとりを持って行動する為には遅くてもAM6:00には出発したいと前日から考えていました。

当日の予定プランA:雷鳥沢キャンプ場出発 → 一の越 → 日本三霊山の雄山 → 大汝山 → 富士ノ折立 → 真砂岳 → 別山 → ・・・。
 
当日の予定プランB:雷鳥沢キャンプ場出発 → 一の越 → 日本三霊山の雄山 → 大汝山 → 富士ノ折立 → 大走り → 雷鳥沢キャンプ場。


多分...ブランBになると思いますが。

本当に6時前に出発できました(^^)。しかしコンデジ(新規導入Pentax W80)を忘れて...ブーイング^^;

去年と同じルート、浄土橋を渡り右に折れて行きます。

photo by masa

(Taken on August 15.)
通称「神の道」から登り出します。ただ去年と違うのは天気!雨と違って足元も滑らずにテンポ良く登って行けます。当然ですね(^^)。太陽は立山連峰の後ろから昇ってくるので神の道はスタート直後は影の中。。。

photo by masa

(視界がいいと標識も見やすく、道も歩きやすいですが、霧が出て視界が悪くなるとガレ場周辺の石にマーキングしている標識が見難くなり注意が必要です)

photo by masa

no-zo、「去年はここら辺で、もう帰ろうぅと行ってたなぁ〜」なんて話しながら^^

photo by masa

徐々に登りが多くなってきます

photo by masa

何度見ても綺麗です^^

photo by masa

かなり日が昇って来ました...今日もお天気に恵まれました

photo by masa

奥大日岳・大日岳が綺麗に見えています

photo by masa

ときどき大きなガレ場を通って...
今回は、視界がいいのでルートも良く分かります。この付近、去年は濃霧で数メートル先も見えずでルート確認が大変な所でした。

photo by masa

AM7:46、一の越に到着

photo by masa

穂高方面を見ると...

photo by masa

槍ヶ岳が綺麗に見えました

一の越で少しトイレ休憩を取り、前面の急坂、一の越から約290mの標高差を一気に駆け上がります。

photo by masa

こう言う場所の得意なno-zo。反対に苦手な、sa-ya&meguは恐々。。。

photo by masa

photo by masa

あと少し...

一の越から約1時間15分、雄山(2991.6m)に到着です(^^)。

photo by masa

一の越からの約290m差、かなり景色が変わります

photo by masa

雄山神社に参拝する前に...

photo by masa

社務所でカップ麺(500円)を購入(^^)。すきっ腹には最高です。と持参した水(1L+0.6+0.6L+0.6L)の残りが寂しいのでペットボトルを一本購入(500円)。飲み水は飲むと減る。ので、余分に持って行くべきでした。次回のロング登山時には。。。

そして、日本三霊山の雄山神社峰本社へ...

photo by masa

4方断崖絶壁です。景色は最高でした♪

photo by masa

祈祷・・・
とても神聖な空気を感じることが出来、参拝することが出来てよかったです。

かなりゆっくりと雄山で過ごし...この先の縦走を忘れそうに^^;
では出〜発!!

photo by masa

photo by masa

大汝山(3015m)
大汝山にはmasaだけが登りました。女子組は、「怖そうだから一人で行って〜」、っと。いい景色だったのになぁ。。。

photo by masa

絵になる人発見(笑)

photo by masa

ケルンが並んでいました

photo by masa

no-zo...疲れているのに雪渓を見るとわざわざ遊びに行きます。食べ物の別腹ってあるけど、体力の別力ってのもあるのかな?^^;

photo by masa

富士ノ折立までは特に急なアップダウンはありませんでした。ただ、どこも一歩足を外すと...非常に危険なので注意は必要です。(雄山から富士ノ折立までは約55分)

富士ノ折立からは急な下り道です^^;下りの苦手なmasaにはキツイです。。。

photo by masa

まさに今、自分達が立山の稜線を歩いているんですよね〜。昨日は下から見上げていた景色。なんとも不思議です。

photo by masa

photo by masa

ここまで来るとあと少しです。最後の稜線歩き。。。そして、景色は最高〜♪

photo by masa

内蔵助カール

photo by masa

photo by masa

と言っても疲労が溜まってきています。
やはりプランAは行けそうにないので、予定通りの?プランBにします。真砂岳を眼前にして...

photo by masa

大走りへとルートを変更し立山連峰の稜線の旅が終わりを...

photo by masa

下り出します

photo by masa

みくりが池&血の池&りんどう池

photo by masa

我家のヒルバーグが見えます(^^)。
テントがかなり減っています...お友達になったお姉ちゃんも...。少し寂しくなります。
手前に休んでいる登山家達は登るのか下っているのか...。
この方(女性)達は大型ザックを背負っての登りでした。足場の悪いとても歩きにくいコースを...スゴイデス。

photo by masa

ホントこの大走りコースは滑りやすく、ガレ多くキツイ!あ〜でも景色は...最高...

photo by masa

一歩、一歩...黙々と...足を出す

photo by masa

photo by masa

大走りを下っている時に我家のペースよりも早いペースで、もう一組我家と同じような家族構成の方が下って来られました。下りきった所でお会いしました。この時は簡単な挨拶をさせていただきました♪その後はそれぞれに...。このご家族の方とは、その後、偶然がありました(^^)。

photo by masa

大走りから約1時間55分、やっとこさ降りて来ました。。。sa-ya&meguはかなり前を歩いています。
そして、雪渓発見のno-zo。またまた疲れているのにわざわざ雪渓まで遊びに行きます。もう早く行こうよぅ〜〜とは言えずにしばし待つ。。。楽しそうな顔をして戻ってくるno-zoちゃん(^^)。

photo by masa

photo by masa

photo by masa

先方を進んでいた二人は、浄土川で涼みながら待っていてくれました。sa-yaはブーツを脱ぎ、靴下を脱ぎ足を川に入れて...。この雪解け水は強烈に冷たく!熱した体を心地よく冷やしてくれました!あ〜〜〜気持ちよすぎて立ち上がれません。。。

無事に今日の登山が終了。雷鳥沢に戻ってくることが出来ましたw。標高のある本格的な登山がはじめての我家。期待と緊張の中でのスタートでしたが、それぞれにがんばり励ましあいながら、立山縦走を終えることが出来ました。また課題も見え、次に繋げて行きたいです!

テントに戻り、お昼ご飯を食べて休憩し、仮眠Zzzz。女子組はトランプ大会をしていましたw。

しばらく仮眠の後...

photo by masa

雷鳥沢ヒュッテの温泉に行きました(^^)

photo by masa

外湯は源泉かけ流しのにごり湯です
お水を入れながらじゃないととても熱くって入れません。かき混ぜ棒でかき混ぜながら入ります。

photo by masa

景色は最高♪でも普通に外から見えちゃっています^^;
それもよし^^;...ゆっくりと湯に浸かり、その後は内湯へと移動w。



二日目夕方編に続きます^^。



〜登山データ〜
雷鳥沢キャンプ場:AM5:50(2286m) → 一の越:AM7:46(2702m) → 雄山:AM9:00(2991.6m) → 
→ 大汝山:AM10:05(3015m) → 富士ノ折立:AM10:22 → 大走り:AM11:02 → 雷鳥沢キャンプ場:PM1:26到着

Lens:EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
Lens:EF70-200mm F4L IS USM
デジカメ:Pentax W80 

<Google Map> Powered by Wadachi
 
「8月16日のGoogle Map&GPS軌跡」

| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(2) | - |
立山 雷鳥沢 バックパッキングキャンプ 一日目・・・
2009.08.19 Wednesday 17:15

2009年8月15日から17日に立山へ出掛けて来ました(^^)。

12日出発の予定日でしたが、天気予報の天気は12日晴れ、13日雨、14日雨?、15日晴れ。この日程で行くとETC割引で片道1000円で行けるのですが...日程を変更しました。
スケージュールは昨年同様、一日目はテント場でゆっくりと寛いで、二日目に登山予定。三日目以降はみんなの体調次第です。

14日、PM9:00出発〜AM1:30ごろ館山駅駐車場到着。すでに第一駐車場は満車。。。
15日、AM5:20ごろに立山駅へ...新ファミリーチケットを購入し便を待ちます。当日の立山ケーブルカーの始発はAM5:40分。我家は次の便のAM5:50分発。

photo by masa

一昨年と同じ構図から...

美女平でバスに乗り換えて...。masaのザックは10kgオーバーなので300円を追加です。(帰りに室堂駅でザックを秤に乗せて計ってみると、masaのザックが17kgでmeguちゃんのザックが11kgでした。)

ゆらゆらとバスに揺られること約1時間...待っていた景色が...

photo by masa

こちらも昨年と同じ所から。好きな景色(構図)なのかな(笑)。

photo by masa

快晴です♪

photo by masa

立山玉殿の湧水をボトルに入れて、雷鳥沢野営場へ向けて出発です♪

photo by masa

少ししか進んでないのに...no-zoちゃん、「重いぃぃ・・・」。確かに去年より少し重いのです。

photo by masa

sa-yaとno-zoのザックには昨年よりも荷物を数個多く入れています。

photo by masa

綺麗です♪ (みくりが池と立山連峰)

photo by masa

少しずつ降って行きます。でも、ルートを知っているので昨年よりは気が楽です。それになによりいい天気なので、ゆっくりと景色を見たり、写真を撮ったりしながら進んで行きます。日差しは強いですが、気温は低く気持ちがいいです(^^)。

photo by masa

地獄谷への分岐から見るみくりが池

photo by masa

地獄谷へと向かう急な階段を降りだすと...早速硫黄の臭いが...

photo by masa

photo by masa

煙が凄かったです

photo by masa

photo by masa

この景色も好きです♪

photo by masa

水の色もすごいグレー色

photo by masa

遊歩道にも温泉が沸いていて、もちろん熱いデス

photo by masa

ここの草原の土は鉄分を含んでいるようで、血の池のように水溜りが RED!

photo by masa

photo by masa

ド〜〜ンと広がる雷鳥沢野営地

あれれ!?no-zoちゃんザックを背負ってませんが、しばしのヘルプです^^;しかし手に持つ荷物(ザック)ってなんて重いんでしょう!おまけに走るのならザックを持ってくれ〜〜。走る元気があるようなのでザックを即渡しました。7月から雨が多く降っていたので昨年よりも雪がかなり少ないようです。子供達、「残念・・・」。

photo by masa

少しザックが重く感じるころに...草原が広がってきます

photo by masa

目的地の雷鳥沢キャンプ場に到着です^^

さて、何処にテントを幕営しようかなぁ〜とキョロキョロしていると、ちょうど昨年張っていた所が空きました。天気予報からは昨年のような雷雨は無いと思うけど、もしも...と言うことで雨に強いここに決定です。

さて、テントの幕営ですが、一度くらい試し張りしたかったのですが...今日が購入後の初張りです。
トンネル型で自立のしないタイプなので、まず片方の端のポールの付け根にペグを2本打ちます。そして、もう片方にも2本ペグを打ち込みます。これで立ち上がるので後はどんどんペグを打ち込んでいくだけです。(アウターテントとインナーテントは連結されています。また取り外しも可能。アウターテントからインナーテントを外すとさらに全室の空間が広く使え悪天候時の食事の時によさそうです。)これでほぼ完成。仕上げにロープをペグ止めして張り綱を張って完成。こんな感じになります(^^)。。肝心のペグ打ちですが、masaはペグ打ちを石で打ち込むのは振り辛く手も汚れるので...なのです。で、今回初の試みとしてペグ打ち用に小さな約200gの金槌を持ち込みました。そして、この金槌を軽量化の為に柄を半分にカットして。ただ少し柄が短すぎたかなとも思いましたが^^;それでも石で打つよりは、masa的には良かったです。

photo by masa

photo by masa

張り綱のペグ止めを忘れていますネ^^;

初幕営の感想ですが、張り綱がテント本体にくっ付いているので楽なのですが、テント立ち上げ時にポールの足と張り綱が絡まってしまい少し戸惑ってしましました^^;この張り綱に注意して幕営すれば自立式と同じように幕営出来そうです。

photo by masa

ヒルバーグ ナロ 4 GT です
( Hilleberg Nallo 4 GT 定員:4人 総重量:3.2kg )

photo by masa

このスタイルが好きです♪
前室はとても広く調理テーブルなどを出しっぱなしに出来、大型ザックを置いても余裕の広さです。室内には、マット4ヶ(Therm-A-Rest ProLite Plus Women's, Regular×2、Therm-A-Rest ZライトR、マジックマウンテン ロングトレイル165)がほんの少し余裕あるぐらいで並べれました。足元の長さは、2200mmあるのでこちらは余裕があります。小さなザックは足元に。夜はこのザックに着替え袋などを入れて結露対策しました。

幕営後は、居眠りZzzz。子供達は、一緒の便で上がって来られたお姉ちゃんと仲良くなり一緒に遊んでいました。

photo by masa

稜線を歩く登山家達。明日はあそこを歩くのか...。

仲良くなったお姉ちゃんは小学6年生とのこと。そして、なんと隣町だそうです!ご両親の方もとてもいい方々で、ついつい長話を...。持ってこられたワインを一杯頂いて♪お酒は強くないmasaですが、山で飲むワインはとても美味しかったデス♪ご馳走様でした(^^)。

少しmeguちゃんと散歩して...

photo by masa

黄昏て...なに思ぅ...

photo by masa

夕日が...

photo by masa

立山連峰に反射したアーベントロートがとても綺麗でした!

photo by masa

夕焼けと山ロッジ

photo by masa

夕日の後は、お姉ちゃんを交えてトランプ大会をしました♪いや〜久しぶりのトランプ、特にスピードと大富豪が面白かった(^^)。大人気なく本気でしたから^^;

photo by masa

この写真のあと、急に雲が出てきて期待していた星空は見れず...でした。

明日は朝早く出発の予定なので少し早目にシュラフに潜り込みました。明日も晴れの予報。縦走の期待感と少しの不安感とでなかなか寝付けずでした^^;

夜半に雨音で目が覚めました。テントが大丈夫か心配でしたが...って大丈夫でないと困りますが^^;雨漏りせずに大丈夫でした。



Zzzzz・・・・・・・



二日目へと続きます。

<Google Map> Powered by Wadachi

「8月15日のGoogle Map&GPS軌跡」

| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(6) | - |
ザックの中身・・・
2008.08.21 Thursday 16:14
子供達もみんなで山で使う荷物を分散して運びました。



〜sa-yaのザックの中身〜
☆ザック:オスプレー Echo20(990g)

☆寝袋:イスカ アルファルト700(1280g)

☆クッカー:スノーピーク チタントレックコンボ(370g)

☆ランタン:キャプテンスタッグM(600g)
       フォレストヒル キャンドルランタン(112g)
       替キャンドル×2
 
☆ストーブ:EPI APSA-掘425g)

☆雨具:エーグル 上下

☆水入れ:プラティパス 1L

☆水筒:SIGGボトル 0.6L

☆ザックカバー:モンベル ジャストフィットパックカバー25(80g)

☆サバイバルナイフ
☆マグライト×2
☆ヘッドランプ

photo by masa

sa-ya、本当によく助けてくれました!よく担ぎました!



〜no-zoのザックの中身〜
☆ザック:ザ・ノースフェイス(400g?)

☆寝袋:イスカ アルファルト700(1280g)

☆ギア:ユニフレーム fanマルチロースター(290g)

☆雨具:モンベル レイントレッカー上下(350g)

☆水筒:SIGGボトル 0.6L

photo by masa

(動画からのカット)
no-zoにも自分用のシュラフ以外のものを一つ、、、no-zo、がんばったね!



〜meguのザックの中身〜
☆ザック:ミレーサースフェー50(2002g)

☆着替え:4人分

☆食料:4人分

☆水筒:SIGGボトル 0.6L

☆雨具:モンベル トレントフライヤージャケット(290g)
     バーサライト パンツ (180g)

☆化粧品

☆洗面用具×4人分

photo by masa

ザックカバー付の写真しかとって無かったです^^;
美女平駅で重量を測ったら13.5kgほどでした(重
帰りは食料が減っているので、ガスの替ガスを×2ヶとカメラ Canon KissDを入れていただきましたw。ありがとう!



〜masaのザックの中身〜
☆ザック:Gregory バルトロ70 (2520g)

☆テント:Eureka! アルパインプリズム5F (5800g)

☆寝袋:ISUKA エアー450 & 450ショート (820g、780g)

☆マット:サーマレスト ZライトR(440g)
      Zシート(90g)

☆テーブル:BAJA(バハ)400(890g)

☆タープ:ライトタープ ペンタ(900g)

☆ライトタープポール150×2(250g)  

☆ガス替:ガス500 (470g×2)

☆雨具:ARC'TERYX Theta AR Jacket (645g)

☆雨具:AIGLE:パンツGORE-TEX XCR (?)

☆防寒着:Patagonia R2 (420g)

☆水筒:SIGGボトル 1L

☆カメラ:Canon KissD(485g)
            EF-S18-55mm F3.5-5.6  USM(190g)
      Pentax Optio W30(160g)

☆GPS:GARMIN GPSmap 60CSx 英語版 + 2GB(213g)

☆電池:Sanyo 充電式ニッケル電池(27g)×4、アルカリ電池×2

☆バックカバー:HUNTINGBLESS

☆テントマット1m×2m (400g)

photo by masa

思っていたよりも近くに感じた雷鳥沢キャンプ場でした。是非!また来年も行きたいです!




今回必要なかったもの。
ランタン。
暗くなったらシュラフに潜り込んでいたのでまったく出番なし^^;今回は天気が悪かったので外で一食も食事が取れなかったのも関係しているかな・・・。でも、持って行くならやっぱり小型のランタンの方がいいかも^^;

次回用意したいもの。
sa-ya、防寒着、手袋。no-zo、靴下、長ズボンをもうワンセット。
防寒着は、フリースはかさばるので出来れば薄いダウンがいいかな。。。
小物、食材では、カイロ、インスタントラーメン。

山の天気が良いと用意したいもののリストはまた変わってくるけど。。。
| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(2) | - |
立山三日目・・・
2008.08.20 Wednesday 09:13
山の朝は早いって言うけど、今日も我が家の朝は遅い^^; 雨も小ぶりだし、早めに朝食を済ませて撤収に取り掛かりたかったけど、、、いつまででも寝ていそうな雰囲気の三人娘。。。ま〜気長にw。

photo by masa

6時30頃の雷鳥沢

シャッター音でようやく眼を覚ましたsa-ya。続いてsa-yaの声に反応してno-zoがシュラフから顔をピョコと出すw。子供達の声にも反応せず寝続けるmegu^^;

遅めの朝食(ごはんに韓国海苔、おこげスープが美味かった)を取り、室内の片付けに取り掛かる。シュラフをシュラフカバーに収納してから子供達は管理棟で待機。外は雨。。。室内の片付けが終わる頃に、母親が様子を見に来てくれたw。ので、管理棟で待っている子供達を山荘へ連れって行って貰いました。

室内の片付けが完了すると同時に運良く雨が上がる!タープの下にZライトシートを敷いてその上にザックを載せ、テントの撤収に取り掛かりました。打ち付けたペグを抜いていく。ペグ抜きが無いのでもう一つのペグを利用して抜いていきました(硬

テントはインナーテントが結露でかなり濡れているので重そうです^^;でも、以外に?あっと言う間にテント、タープと片付けることが出来、ザックに収まっていきましたw。 

photo by masa

テントを張っていた所 全収納完了時にまた雨が降り出してきました。 そして、雷鳥沢キャンプ場(午前7時53分)を後にするのでした。。。

photo by masa

meguとザック

photo by masa

雷鳥沢キャンプ場が遠く・・・

何故かザックの重さも気にならない

photo by masa

子供達と合流し、、、

photo by masa

地獄谷へと・・・

photo by masa
 
何度も何度も振り返って

photo by masa 

最後の急な階段をゆっくりと登って行きます

photo by masa 

到着と同時に寂しさが・・・

photo by masa 

立山玉殿の湧水を補充して 室堂駅構内へと・・・

photo by masa 

午前9時20分の美女平行き高原バスに乗り・・・

photo by masa 

ケーブルカーに乗って・・・

立山を後にしました。。。
帰りの道路は渋滞することも無くスムーズに帰ることが出来ました。今回、初の山岳&バックパックキャンプデビューでした。



里山しか歩いたことの無い我が家でしたが、本当に素晴らしい景色の中、楽しい時間を過ごすことが出来ました!家族の協力に感謝です♪次回は是非ピークに足後を残したい。あ〜早く行きたいのだ〜(笑
| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(2) | - |
立山二日目・・・
2008.08.19 Tuesday 07:00
気になる雨は、、、

      降ったり止んだり^^;


山の朝は早いと言うが、、、みんな疲れているのかなかなか起きてこない^^;
空は相も変わらず、、、降ったり止んだり。夕焼けの次に楽しみにしていた朝焼けも次回に持ち越し決定(泣
なので、のんびりとみんなが起きるのを待つ。。。



午前6時頃に朝食。ベッカライビオブロートのパンにバターやクリームチーズを塗って♪旨い〜!クラッカークッキーにもバターやクリームチーズを塗り塗り♪あっと言う間に無くなっちゃいましたw。そして、レトルトのスープを飲みました。



朝食後は、家族会議を開いて、、、今日の予定を話し合いましたw。
「お題」: 雨の中の登山
     ◆▲謄鵐半貅辺の散策
     、特に何もしない
     ぁ¬斉も雨の予報なので予定通り3泊4日か短縮して2泊3日にするか
     ァ△じいちゃん、おばあちゃんと一緒に黒部ダム観光

    
,両豺腓里澆鵑覆凌看曚亘佑梁の具合^^;足の具合は、昨日の源泉温泉効果?!か分からないけどかなり改善。行ける所まで行ってダメなら引き返すってことで。。


家族会議中に山荘からおばあちゃんが今日の予定を聞きにやって来てくれました。わざわざ来てくれたのには訳があって、、、外では繋がる携帯が、何故かテントの中や山荘の中では、携帯が繋がらなかったのです。


で、最初に決めたのがツアーの短縮。残念。。。なので、おばあちゃん達はイ陵縦蠅坊萃蝓


僕達は、僕の条件付(足が悪化したら迷わずに下山)で,坊萃蝓



予定としては、キャンプ場から神の道を通り一の越へ。多分山頂も曇っているので、ピークは無視して一の越から室堂方面へと下山。出発午前8時11分。

photo by masa

雨の降る中、一の越へと向かう

photo by masa

ルートには、石にスプレーで「○」、「×」、「→」の印が書かれています


歩き出してすぐに、no-zoがかわいい声で「もう、帰りたい」×10コール^^;聞くと「雨がいや!」とのこと。帰ったら、ぜんざいを食べようと約束してご機嫌を取る。。なんとか収まった(ホッ)

photo by masa

分岐路

photo by masa

テント場がガスで見えないです。。。

photo by masa

前の小さな森?の中を通って

photo by masa

photo by masa

photo by masa

photo by masa

少しずつ登りだす

photo by masa

少しガスが晴れると絶景です♪雷鳥も4羽見ることが出来ました♪

photo by masa

no-zoの背の高さほどの草むら

photo by masa

マイペースで登ります

photo by masa

標高約2650m付近

中には少しルートが分かりにくい所もありましたが、そんな時は、GPSMAP 60CSxで確認。このルートは、「山と高原地図5万分の1」にも”迷”と書かれています。


なんとか、一の越山荘(標高2700m)に到着しましたw。午前10時24分。
山荘で、なが〜〜い、、、、、休憩(カップラーメン、ジューズ、お菓子)を取り、予定通り下山します。


が、、、山荘を出ると、、、、、
もう負けそうなくらいの雨、風が吹いています(汗)もう一度山荘に戻ろうとするmeguに下山するぞ〜と伝へて、進みます。


そして、足の具合は、、、
登りの時は膝痛は感じなかったので良い感じだったのですが、下りはさずがに痛い(汗)ま〜最初の時の様な激痛はないので、キャンプ場までは大丈夫そうです(ホッ

photo by masa

雪渓渡りも何箇所かありました

photo by masa

チングルマ

photo by masa

なんとか見ることが出来た”血の池”

午後12時41分、テントに戻ってきました。降っていた雨は上がってた。



移動距離:約9.2km
sa-ya、no-zo、そして我が家で一番体力の無いmegu本当に良くがんばりました。そして、遅めの昼食はスパゲティとぜんざいを用意w。各自好きなのを食べました。

photo by masa

お餅を焼いています

もちろん僕とno-zoはぜんざい♪

昼食が終わる頃には外は一変!激しい雷雨が暴れ狂っていました。。。
山岳での雷、大粒の雨はすごいですね〜。薄いテントから伝わる大気の鼓動に感動しました。みんな疲れているのでお昼寝(Zzzzz

photo by masa

時々テントの外をチェック
テント場も川が流れ、一部の場所は水溜りになっていました。。。

photo by masa

山にも川が出来ていました(今回の雷雨は、約1時間45分で収まりました。)


雷雨が通過してからは雨が弱くなったので、温泉へとGo〜♪ゆっくり温泉を堪能しました。ゆっくりし過ぎて、またまた大粒の雨が^^;


夕食を済ませ、トランプを楽しんでシュラフに潜り込みました・・・Zzzz。


明日は撤収。。。雨の中の撤収か〜と考えながら眠りに付きました。
今回の道具達の使い心地もパート(撤収するだけですが^^;)UP後にUPしたいと思いますw。


今日の撮影は雨の為、Pentax Optio W30 。
テントの中からの撮影、Canon KissDN 。
| masa | Backpacking 2008-2009 | comments(2) | - |
←back 1/2 pages next→